いきなり多くの金額が借りられるとは考えない

サラ金とされる消費者金融でのキャッシングは、初回でいきなり大きな金額を借りられるわけではありません。大体は少額の融資となるものであり、大手消費者金融の最大限度額である500万円などを借りるのは難しいです。

 

基本的に消費者金融の限度額は増額がされることによって増えるもので、初回は小さな枠であるとしても利用実績を積めば大きくなる場合があります。例えば初回が10万円の限度額であった方も、増額を繰り返すことによって100万円程度まで限度額が増えることもあるのです。

 

限度額を増額するためには正常な利用実績が欠かせず、しっかりと遅れずに返済を進めなければなりません。返済が遅れるとそれだけ増額審査に不利になってしまい、安定した収入があったとしても増額が許可されないケースも出てきてしまうのです。

 

これはサラ金でのキャッシングに限ったことではなく、どこのカードローンを使うとしても同様です。しっかりとした返済を進めるのはお金を借りる上では基本的なことと言え、信用情報に傷をつけないためにも返済は正常に遅れることなく進めなければなりません。

 

信用情報にきずが付くと新規での借り入れはもちろん、他社での借り入れであるとしても限度額の増額がされるのが難しくなってしまうので、はじめて契約をした際のキャッシングの初回限度額に不満があるとしても、その少ない金額のまま利用をしなければならなくなってしまうのです。