消費者金融で借りるのは難しい専業主婦の方

自身で収入を持たない専業主婦の方は、消費者金融でのキャッシング利用が難しくなっています。昔は気軽に借りられたのですが、現在では貸金業法によって年収の3分の1までの借り入れに限られてしまっているため、専業主婦の方が消費者金融で借りるのは現実的ではありません。

 

年収に対する借り入れを制限する総量規制は、貸金業者すべてに適用されます。一部で例外的な貸付があり、配偶者の収入と合算して専業主婦でも借りられる配偶者貸付の制度がありますが、利用をするためには配偶者への確認と同意が必要となってしまうため、専業主婦の方が内緒でお金を借りるのは難しいのです。

 

ただ、専業主婦の方でも内緒で借りられるカードローンキャッシングは存在します。怪しいところではなく貸金業者ではないところとなり、一部の銀行カードローンでは配偶者に安定した収入があれば内緒で専業主婦の方でも借りられるようになっているのです。

 

銀行なら消費者金融よりも低金利で借りられるところが多く、利息の負担も軽減できます。ただ、毎月の返済金額には気をつけておくべきで、銀行の金利が低いからと言って毎月の返済金額まで軽いとは限りません。

 

金利が低くても一回あたりの返済金額が大きくなっている銀行のカードローンもあるので、専業主婦の方が借りる場合には注意が必要です。また、貸金業者では専業主婦の借り入れは難しいため、配偶者貸付の制度以外で専業主婦でも借りられるといったところがあるとすれば、怪しい業者である可能性が高いので気をつけてください。